カードローンの会社は各社様々なサービスを提供しています。

ですが、その中でも最も特徴的と言えるサービスを提供しているのがレイクです。

レイクの特徴、それは何と言っても選べる無利息期間です。

借入全額に対する30日の無利息期間、または借入額の内の5万円に対する180日間の無利息期間。

このどちらかを選ぶことが出来るのです。

30日間の方なら他にもあるし、それは意味が無いんじゃない?と思われるかも知れません。

確かに、30日間の無利息期間なら他のカードローンにもあります。

ただ、レイクの場合はそれプラス提携ATMの利用を手数料無料で行うことが出来ます。

この2つを併せ持っているのはかなりのメリットです。

ただレイク最大の特徴が180日間の無利息期間であることは間違いありません。

金利としては平均的なレイクですが、180日間の無利息期間を有効に使えは利息を全く払わないことも可能です。

約半年ですから、その間に返すとしても無理の無い返済が可能です。

例え10万円借り入れしていたとしても約半年の間は半分の5万円は無利息です。

つまり、金利が半分になった様なものです。

これが利息に大きく影響するのは間違いありません。

たくさん借入をされる方なら30日間の無利息期間を。

少額で借入されるなら180日間の方を。

レイクには利用する方次第で選べるお得な無利息期間があります。

サイトでもとちらがお得かシュミレーション出来る様になっていますので、借入前に調べてみることをオススメします。

利息を減らしたい、手数料を無駄にしたくない。

そんな方にオススメのカードローンです。

運転免許証だけでお金を借りる方法教えます
http://www.themeditationstation.org/

カードローンを利用したことがありますが、非常に便利です。
銀行系のカードローンの場合、自分の口座を持っていると、面倒な書類審査などがなく、すぐに即日融資してもらうことが可能です。

また、銀行系のカードローンの場合、大手の銀行なので安心感がありますね。
サービスなどもきめ細やかですし、問い合わせなどの対応も丁寧であることが非常に多いです。

ですので、非常に気持ちよく、スムーズに取引をすることが可能となっています。
利子なども少額の場合は安く済む場合がありますので、急にお金が必要となったときに非常に便利です。

また、銀行系のカードローンでお金をキャッシングした場合、返済などもスムーズなのが良いです。
近くのATMなどで返済可能だったりするので、返済も簡単なのが嬉しいです。

このように、口座を持っているカードローンでキャッシングするのは非常に取引がスムーズですし、即日融資をしてもらいたい場合には非常にお勧めです。

キャッシング関係の記事を見ると、「総量規制」や「総量規制対象外」という言葉を1つくらいは目にすると思います。

総量規制とは、貸金業者で利用する個人向け融資での総借入額を制限する法律です。年収の1/3以下に借入れを制限され、50万円を超える借入れの場合には収入証明書の提出を義務とされています。

消費者金融でお金を借りる場合、総量規制が適用されるので、たとえば年収が240万円である方の場合は、80万円が借入総額の限度ということになります。
既に他社で借りている場合には、借入額を合算することになりますが、その際に100万円を超える場合にも、収入証明書の提出はひつようになります。

総量規制についてはこのような内容になっていますが、総量規制対象外という言葉については、いくつかのケースがあります。
その中で例を挙げると以下のようなことがあります。

1.銀行業法で融資を行う金融機関

2.消費者金融の事業者向けローン

1については、銀行は貸金業法ではなく銀行業法の適用を受けているため、総量規制対象外となっています。
年収の1/3を超えてしまった場合でも借入れは可能です。

2では、消費者金融で年収の1/3を超えてしまった場合、これ以上の借入れはできませんが、事業者向けローンを利用すれば総量規制対象外となります。
総量規制は個人向けローンに限定した規制であるために、ビジネスローンなど事業者向けローンには適用されていません。

そのために個人事業主の方ならば、個人向けカードローンで総量規制の限度額まで借りていても、新たに事業者用ローンを利用することで、さらに借入れをすることが可能になっています。
事業者用ローンの利用使途は事業性資金だけでなく、生活費としても利用できる消費者金融が多いので、自営業の方ならばこのような融資も併せて利用できます。

以上のように特定の方に限定されますが、該当する方は総量規制の枠を超えてもまだ借入れできる可能性が残されているということになります。
ただし借りたら返さなくてはならないので、計画的な借入れをするべきであり、借り過ぎにも注意が必要です。