最初で最後のキャッシングを申込みした日のこと

給料日前に手持ちのお金が尽きてしまい、キャッシングを利用することにしました。

せっかくクレジットカードを持っているのにもったいないと思いすぐにキャッシング対応のATMに行き、数万円の生活費をキャッシングしました。不慣れなこともあり最初は不安でしたが、なんとか遣り繰りすることができ、次の給料日まで過ごすことができました。

手持ちや預金が全くなくてもすぐに現金が手に入ることで、実用性だけでなく心理的にも安心することができました。

生活するお金が手元にあるという安心感があるだけでもかなり!安心しました。

現金が全く手元にないというのは生活費以外にも万が一の病気などがあったときに不安ですし、足りないよりも多くあったほうが良いのはお金に限らず良いことだと思います。

キャッシングはそれ以来一度しかしていないのですが、ちょっとした謎の罪悪感のようなものがありました。でも自分のカードなのだから深く考えなくても良いかと思います。

いざというときにすぐに現金が手元に置ける、お買い物でのローンや通信販売の手続きをスムースに行なえる、などのメリットはたくさんありますが、それはあくまでも方法のひとつとしてです。

あまり乱用すると、状況がより悪化することも考えられます。

Comments are closed.